「時報」で1日の集中力を維持し続ける、シンプルな方法

集中力や生産性をあげる上で、「こまめに休憩をとること!」というのはよくきくお話ですが、実践するとなると案外難しいものです。

そんなときに、25分ごとに5分の休憩をとる「ポモドーロ・テクニック」などが役に立つわけですが、めんどくさがりには習慣化が難しい。

タイマーをつけるのを忘れたり、ちょっと休みすぎたり作業しすぎたりしてずれてしまったり…
しまいには「もういいや!」となって終わってしまうことがよくありました。

そこで試行錯誤した結果たどりついたのが、「時報をならす」というシンプルな方法です。

1時間ごとに時報をならしてリフレッシュする、ただそれだけなのですが、手間がほぼ0で個人的には効果抜群。

具体的なやりかた

1. 必ず気づく方法で、1時間に1回時報をならす

ポイントは

  • 「必ず気づく」方法にする
  • 「操作の手間」をほぼ0にする

の2点。

わたしの場合は、iPhoneに以下のアプリを入れて、毎時00分に通知がくるようにしています。

Diii Notify - hourly chime

Diii Notify – hourly chime

無料posted withアプリーチ

Androidならこんな感じのアプリでしょうか。

Blip Blip (hourly chime)

Blip Blip (hourly chime)

Paweł Nadolski無料posted withアプリーチ

カレンダーアプリやリマインダーをご利用の方は、それでもいいと思います。
が、設定や考えることが増えるので、ただ時報をならす、上のようなアプリの利用がおすすめです。

毎日繰り返しのアラームを毎時間で設定するという方法もありますが、これもおすすめしません。
毎回スマートフォンを操作してとめる手間が発生します。

ましてや、外出中になり始めたらうるさいことこの上ないです。
かといっていちいち設定したり止めたりすると、忘れたらおしまいですし、手間が習慣化の妨げになるので非推奨です。

ちなみに、Apple Watch等のウェアラブル端末をお持ちの方は、是非ご利用を。
「スマホをいじって集中力が途切れる」という、そもそもの目的から反する行為を防ぐことができます。
この機会にになんか買ってみるのもいいかもしれませんね。

わたしも絶賛利用中です。

2. 時報がなったら、リフレッシュする

おのおの、必要な休憩をとりましょう。
ポイントは、 あらかじめやることを決めておくこと です。

これで、休憩のとりすぎを防ぎつつ、しっかりと休憩の効果を実感できます。

わたしの場合は、

  • 水を一杯のむ
  • トイレにいく
  • 5分歩く(歩行瞑想する)

という感じ。
リフレッシュに大切なのは、頭を空っぽにすることと、水分補給をとること。
それと、わたしの場合はデスクワークで座りっぱなしのことが特に多いので、歩くようにしています。

 

内容は人それぞれで良いかと思いますが、

決めたこと以外はせず、一通りやったらすぐに仕事を再開するのが重要。

 

できればスマホは触らないのが吉。
SNSやメール、マンガやゲーム、それにブラウジングなど、時間をどこまで使ってしまうかわからないものはNGです。

そもそも脳の疲労的観点からいうと、上記のような行動は気分転換にはなっても休憩にならないので、やめておきましょう。

デスクワークの場合は、「運動」がBetter。

 

あくまでも固定のルーチンで、5-10分くらいで済むような休憩がおすすめです。

まとめ

というわけで、「時報」を使って集中力を保つ方法の紹介でした。

シンプルでカンタンなので、「集中力がどうももたないなー」という方や、「疲れてやる気がでないなー」という方は、ぜひお試しくださいな。

 

もし効果があれば、Twitterあたりでメッセージをくださると嬉しいです。
「もっと良い方法見つけたよ!」とかあれば、それも教えてください。ご紹介させていただきます。

ちなみに、今年の秋リリースの watchOS 6では、Apple Watchに標準で時報機能がつくそう。
めちゃめちゃ楽しみなんですが、こんなに時報機能を楽しみにしてる人、なかなかいないだろうな。笑